フォト

大阪の税理士が送る阪神

pixiv

ダンジョントラベラーズ

  • ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印|AQUAPLUS
  • ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
無料ブログはココログ

« FRIEND | トップページ | 痛恨の録画ミス »

2017年3月22日 (水)

またしても準決勝敗退…

baseball第4回WBC 準決勝

1次ラウンド・2次ラウンド共に全勝で決勝トーナメントまで進みました。毎試合危ない
展開だったけど、何だかんだでここまで勝ってきた。あとは準決勝、決勝を勝てば
世界一奪還やでhappy02

準決勝の相手はアメリカ。昨日の試合でプエルトリコが決勝進出を決めているので、
プエルトリコと戦うためにはアメリカに勝たなければなりません。


先発は菅野。1番から9番までホームラン打者が並ぶ超重量打線に対して好投する
が、4回表に名手菊池のエラーで走者を出し、そこから1失点。
今までメジャーに挑戦した内野手もそうだが、アメリカでは内野手が苦労しますね。

20170303d

ところが6回、菊池がミスを取り返す同点ソロを放ち、1-1。このまま失点しなければ
勝機はあるぞsign03

しかし8回表、今大会ずっと無失点で来たお化けの千賀が一死2、3塁のピンチを招き、
サードゴロをホームに投げればアウトにできた所をマッチが痛恨のファンブルをし、
打者はアウトにしたものの三塁走者が還り1-2。

またしても内野手のミスが…。マッチのファンブルは打者をアウトにしたのでエラー
ではないが、記録上エラーにはならないミスが失点に繋がってしまった。


最後はマッチが三振して試合終了。1-2で敗れ、今大会初黒星で大会が終わって
しまいました
weep ここまで6連勝でアメリカに来たのは何だったんや…。

最後は内野手のミスが致命傷になり、マッチのファンブルが決勝点になってしまい
ましたが、それ以前に打線がアメリカ投手陣に全然合っていなかったのが敗因とも
言えますね。国を超えた野球って難しい…gawk

ともあれ侍JAPAN2017の戦いが終わりました。まぁ大会自体はアメリカ対プエルト
リコの決勝があるのですが…。とりあえず選手の方々はお疲れ様でした。


俺個人としては、例によって前回大会は俺自身の調子が悪くてWBCを楽しむ気にも
なれなかったので、今回は「WBCを観よう」という気になっただけでもマシと言えます。
そんな中で世界一奪還できればハッピーエンドだったんだけどね。

さて、次なる戦いはプロ野球2017シーズンである。開幕は3月31日、阪神の相手は
王者・カープsign03 阪神の前回優勝から干支が1周してしまったので、王者カープ
大補強した巨人を倒して優勝するぞsign03


« FRIEND | トップページ | 痛恨の録画ミス »

コメント

こんにちは。
WBC残念でしたね(;>_<;)。ミスしたら負けてしまう。それがわかった試合でもありましたね。オランダも誰かは忘れましたが、喜んでる時ベースから離れてアウトになり等で、バレの2ランは本来、満塁弾になるはずだったと書いてありましたね。それが響いてオランダも負けましたから。
後、8回の筒香の弾道は言ったかな?と思いました。取り合えず、選手にお疲れさまと言いたいですね。ただ藤浪の出番が少なかったのが残念でした(*´・ω・`)。ペナントに響かなければいいけど、と思います。第二回の岩田や藤川みたいに。
あ、それから話は変わりますが、2月の終わりにコロコロイチバンの抽選で当たりました、ポケスペのファンミーティングに行きました。ポケセンオーサカの会場に行き、日下先生と山本先生に会えました。そこで私は両先生の前でカンナさん愛を語ることが出来ました。最後に今更ながら、余談話失礼しましたm(_ _)m。

>>サトーイケさん
お久しぶりですhappy01
WBCは惜しかったですね。せっかく全勝で決勝トーナメントまで行ったのに、アメリカでは
本領発揮できずに負けてしまいました…。第1回・第2回で世界一に輝いた時と比べても
各国の野球のレベルが上がってると思うから、世界一奪還はなかなか難しいですgawk

31日からいよいよプロ野球が開幕しますね。阪神は去年Bクラスだったので今年は
何としてもAクラス入りして、最終的には優勝してほしいです。

ポケスペのファンミーティングはお疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523663/70010106

この記事へのトラックバック一覧です: またしても準決勝敗退…:

« FRIEND | トップページ | 痛恨の録画ミス »