フォト

大阪の税理士が送る阪神

ダンジョントラベラーズ

  • ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印|AQUAPLUS
  • ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
無料ブログはココログ

« 激動の1週間! オヤジの命を救え | トップページ | 74年ぶり・サヨナラ発進(/゚∀゚)/ »

2015年3月21日 (土)

オヤジの病状と微妙な変化

前の記事でも描いた通り、3/10にオヤジが心筋梗塞+不整脈で倒れ、生死の境を
さまよい、我々家族もオヤジの病状を気にしながら強行日程を強いられていました。

前の記事では「日程的に大変だった」という事を書きましたが、今回はオヤジの病状
を書こうと思います。


hospital まず、前の記事でも書いた通り、救急車で病院に運ばれて、最初に出た診断は
急性アルコール中毒+不整脈。心肺停止してた時間もあり、心臓と脳共々ダメージ
を受けている事がわかりました。

次の日になり、もっと詳しい専門医に診てもらった所、心筋梗塞だった事が判明し、
治療するために秋田市にある大学病院に転院しました。

大学病院に移ってからは、新たに低酸素脳症と言われ、主治医から「9割くらいは
再起不能、この2~3日が勝負です
」と宣告されました。
あまりにも突然すぎる展開に我々家族も困惑しましたが、もし急変した時に家から
駆けつけたのでは間に合わないという事で、急遽ホテルで宿泊する事になったhotel


脳のダメージ箇所が悪かったのか、オヤジは起きていると体が暴れてしまうので、
低体温療法という方法で眠らせてありました。
主治医が言う「この2~3日が勝負」というのは、2~3日後に低体温療法の機械を
外した後に急変するリスクが高まる
 という意味でした。

しかしオヤジは急変する気配もなく、無事に低体温療法の機械を外す事に成功し、
その後も調子を崩す事なく落ち着いていました。

そして3/15には意識も戻り、人工呼吸器も外れて、会話ができるくらいにまで回復。
数日間生死の境をさまよったくせに、「だって記憶にないもん」で済ませてしまい、
我々が苦労したのも他人事で、あっけらかんとしているのが納得いきませんが、
とりあえず一命はとりとめました。


知人が言うには「心筋梗塞で倒れた人は、心臓さえ良くなれば割と簡単に復活
するよ」って言ってたけど、オヤジも心臓と脳共々ダメージを受けていたものの、
復活して以降は割と元気 …に見える。

しかし、見た目は元気だが、やはり脳がダメージを受けた影響なのか、かなり忘れ
っぽくなり、さらに元々の自己中さが強まって、他人を気遣わない思いやりのない
キツイ性格に変わってしまった
感がある。

「我が強くなった」と言うべきか…?

元々そういう性格ではあったが…、更にヘンな性格になってしまったのは一時的な
ものなのか、そういう後遺症なのか、まだ定かではありませんが…。


ま、「9割くらい再起不能」とまで言われて、植物状態や介護生活、最悪の場合葬式
も覚悟したけど、ちゃんと復活してくれて良かった。

だからといって今までと同じ生活に戻れるわけではなく、ちゃんと栄養を考えた食事
を摂ったり、再発しないように気を付けていかなければなりませんが。

上記のようにヘンな思考回路に変わってしまったのは気になるけど、とりあえず生き
ててくれればそれでいいや。

今後はオカンと力を合わせて、再発しないように気を付けた生活をしていこうと思い
ます。そうしないといけないし。


« 激動の1週間! オヤジの命を救え | トップページ | 74年ぶり・サヨナラ発進(/゚∀゚)/ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523663/59329429

この記事へのトラックバック一覧です: オヤジの病状と微妙な変化:

« 激動の1週間! オヤジの命を救え | トップページ | 74年ぶり・サヨナラ発進(/゚∀゚)/ »