フォト

大阪の税理士が送る阪神

ダンジョントラベラーズ

  • ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印|AQUAPLUS
  • ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
無料ブログはココログ

« シュミテクト vs. デントヘルス | トップページ | オヤジの病状と微妙な変化 »

2015年3月18日 (水)

激動の1週間! オヤジの命を救え

多忙のためしばらくブログの更新が止まっておりました。

実は先日、オヤジが心筋梗塞で倒れ、ホテルを拠点にしながら病院と自宅を往復
する強行日程を強いられていて、ろくにパソコンを触る暇もありませんでした。
しかしやっとブログを書く余裕ができたので、その事を書いておきます。


3/10の夜、オヤジが飲み会beerで出掛けていったのだが、途中で具合が悪くなって
家に帰ってきた。アイツが飲み会の途中に具合悪くするのは5回目くらいだったので
「またかよ」みたいな感じだったけど、その後の様子が前までと違っていた。

その日の深夜、寝ていたオヤジが雄叫びかうめき声のようなものをあげ、何かと
思ってオヤジの所に行ったら、顔が真っ黒になって心肺停止していて、すぐさま
救急車を呼びました。

hospital わけもわからず病院に運ばれ、俺も後からタクシーで病院に向かいましたが、
最初に出た診断は『急性アルコール中毒+不整脈』。
この時点ではそれしかわかりませんでした。


一晩過ぎて3/11、改めて出た診断は『心筋梗塞』。もっと詳しく調べ、治療するには
大学病院に転院するしかなく、その日の午後に秋田市の大学病院に急行しました。

その後、低酸素脳症で脳と心臓共々ダメージを受けている事がわかり、主治医から
この2、3日が山だと思う」と申告されました。再起も9割不能 …と。
もし急変が起こった時に、自宅から駆けつけていたのでは遅いので、俺とオカンと
弟の3人は秋田市内のホテルに緊急で宿泊する事になりましたhotel

幸い弟のツテでイイホテルをとれて、そこで寝泊まりをしたのですが、俺自身ホテル
に泊まるなんて13年ぶり。旅慣れてる弟とオカンについていくしかできませんでした。


hospital オヤジは特に急変する事もなく山を乗り越えたのですが、我々は「一度自宅に
帰って持つ物持ってからまた病院に行って面会し、ホテルに宿泊する」という強行
日程を連日繰り返し、結果的にはホテルに4泊もしてしまった。

自宅と病院・ホテルを往復するには2時間半以上かかるし、その分のお金もかかるし、
ご飯もまともに食えず風呂もシャワーを浴びるだけだったので、当然疲れは取れず、
徐々に疲労の色が見えてきました。

このままではオヤジよりも自分達の方が参ってしまう…。


しかし奇跡的に生き延びたオヤジは3/15に意識が本格的に戻り、人工呼吸器も
外れて、会話できるくらいにまで回復。倒れる前までの記憶もあり、何とか一命は
取りとめたようで。ホント良かった…。

急変の心配も激減し、我々もホテル暮らしがようやく終わって自宅に帰れるように
なりました。もう最初に「この2、3日が山、再起は9割不能」とまで言われた時は
ホントに葬式の事とか介護の事を考えましたが、そういう事態にはならずに済んだ。

16日には集中治療室から一般病棟に移り、とりあえずは一安心です。

まぁそんなこんなで激動の1週間を送り、オヤジは何とか命を落とさずに済みました
…という話でした。我が家最大の危機だったけど、何とか乗り越えました。


ここまでは日程的な事を書きました。多分次の記事でオヤジの容態について書くと
思います。


« シュミテクト vs. デントヘルス | トップページ | オヤジの病状と微妙な変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523663/59313265

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の1週間! オヤジの命を救え:

« シュミテクト vs. デントヘルス | トップページ | オヤジの病状と微妙な変化 »