フォト

大阪の税理士が送る阪神

ダンジョントラベラーズ

  • ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印|AQUAPLUS
  • ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
無料ブログはココログ

« マートンの問題発言について | トップページ | 交流戦最後の2連戦…!! »

2012年6月14日 (木)

デュエマとネギまとメルHEAVEN

ネギまは38巻で完結しましたが、単行本が出る前から「終わり方がイマイチだった」
という評判の悪さをたまに見かけていました。

そして自分も読んでみた結果、確かに不完全燃焼な気がしてならなかった。

何でネギまは不完全燃焼だったのか!? と思って、別の漫画と比べて個人的に分析。
本来は別の漫画と比べて作品を評価をするのはイケナイのかもしれないけど…。


比較対象は「デュエルマスターズ」と「MÄR(メル)」。それらと「ネギま」には共通
している部分がある。結構ありふれた感じの内容だが、物語の大まかな設定が、

主人公の父親が最強キャラで、しかし行方不明または死んだと
聞かされる。そこで主人公は強くなる決意をし、いろいろ活躍して
父親と再会する

みたいな感じの内容だ。


20120614a

↑デュエマの勝舞くんは、父親に憧れて強くなり、死んだと聞かされていた父親・
切札勝利と再会した。勝利を殺したという事になっていたザキラも倒した。

20120614b

↑メルのギンタも、突然オヤジが行方不明になり、異世界で死んだと推測したが
そのオヤジはラスボスとして登場。見事撃破して再会し、元の世界に帰還した。

20120614c

↑ネギ君も、マギステル・マギになって行方不明の父親ナギを捜し出す …という
目標があったはずですが…? 実際にはそこに終着しないまま完結してしまった。
確かにネギ君はマギステル・マギになったけど、「なった」という事実以外は
ほとんどガバッとはしょってしまった。

ネギまが不完全燃焼と言われるのはそこじゃないですかね?


最低でも、単純に「始まりの魔法使い」を倒してナギを助け出すシーンとかがあれば、
読者も納得できたのかもしれないが…。

まぁ例によってネギまの今後の展開があるのかはわかりませんが、謎が謎のまま
終わってしまうのは歯痒いですね。いつか続編みたいなのが出てほしい。


« マートンの問題発言について | トップページ | 交流戦最後の2連戦…!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/523663/45356828

この記事へのトラックバック一覧です: デュエマとネギまとメルHEAVEN:

» ネギま!関連サイト巡回(2012/06/14) [ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
■「Milky Well」さん「デュエマとネギまとメルHEAVEN」 デュエマとネギまとメルHEAVEN: Milky Well 『ネギ君も、マギステル・マギになって行方不明の父親ナギを捜し出す …という 目標があったはずです...... [続きを読む]

« マートンの問題発言について | トップページ | 交流戦最後の2連戦…!! »