フォト

Twitterとpixiv

ダンジョントラベラーズ

  • ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印|AQUAPLUS
  • ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
無料ブログはココログ

« 一昨年のアレが再び | トップページ | アニメイトと火事と結婚 »

2008年3月12日 (水)

「LOCKS」感想

GARNET CROWの新アルバム「LOCKS」買いました。サイコーでした
比較的重い雰囲気だった前作アルバムとは全然違う、明るい雰囲気の曲が多くて、
なおかつガーネットらしい重厚な曲も交じってて、聴いてて楽しかったです。

ランキングで感想を可能な限り書いてみようと思います。

 

■1位 「Love is a Bird」
このアルバムを締めくくるのにふさわしい(要するにエンディングっぽい)曲でした。
1曲前の「The first cry」と似たような曲調だし、2曲で1セットになってるような
感じなんだろうか…?

■2位 「もう一度 笑って」
前作で言うと「晴れ時計」っぽい、穏やかな感じが素敵な曲でした。
PVでは、猫のガーネットちゃんが癒してくれるらしいです。

■3位 「この手を伸ばせば」(Album ver.)
シングル版と比べてコーラスが増えただけなんだと思うが…、コーラスを足すだけでも
こんなにも違うのか…って思いました。やっぱこの曲は最高ですね。

 

この3曲以外にも、いい曲はたくさんあるので、ぜひ一度聴いてみてほしいです。

あとはアレよなぁ、シングル版とメルヘヴンのオープニング版でアレンジが全然違う
「風とRAINBOW」がシングル版のままの収録だったので、メル版のフルバージョン
などは出ないものなのか…

実はコレ1年前からずっと言ってるんだけど。

 

« 一昨年のアレが再び | トップページ | アニメイトと火事と結婚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「LOCKS」感想:

« 一昨年のアレが再び | トップページ | アニメイトと火事と結婚 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31